会社概要

MENU

トップメッセージ

代表取締役社長
片 桐 良晃

お客様ニーズに応え、
次代の産業の発展に寄与すべく、
無限の可能性に挑戦します。

金属の切削から創業した弊社は、60年に及ぶ歴史において、精密プレス、精密プラスチックに挑み、さらに両者のメリットを合わせたプレスチックス(インサート/アウトサート成形)を独自に開発しこれを育て、発展してきました。

これから世に出る製品の開発案件に関わり、お客様にとって価値ある技術提案と確かな品質の製品をお届けするには、開発・設計・量産・品質保証までをトータルに手掛ける一元性が求められます。金型はもちろん、弊社は効率的な生産を可能にする自動加工機も自ら開発・内製し一貫生産体制を整えています。品質・納期・コストにおいて高いレベルでご満足いただけると自負しております。

また、お客様のグローバル展開をサポートするため、弊社は中国、香港、ベトナムに拠点を設け、高信頼の南信精機パーツを世界中に供給する体制を整えています。今後もそれぞれの拠点の長所を引き出すことで、お客様と時代のニーズに即応し、コアパーツや重要保安部品の販売を拡大してまいります。

経営理念である「無限の可能性への挑戦」をモットーに弊社は、お客様のニーズに応える顧客優先型の企業、産業の発展に役立つ技術提供型の企業を目指します。

今後とも一層のご指導・ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

経営理念

無限の可能性に挑戦し、お客様に貢献する優れた技術の提供と社員の共有する夢を実現する。

経営方針

  1. 独創的な思考の高次元商品を開発し、産業の発展に役立つ技術提供型の企業を目指す。
  2. 心の通った商品と誠実な対応で、お客様のニーズに応える顧客優先型の企業を目指す。
  3. 明るい職場で豊かな人格を形成し、社会に貢献できる地域社会貢献型の企業を目指す。

環境方針

  1. 中央アルプスを間近に望む雄大な自然環境に立地し、電子機器向け精密機構部品の製造、販売を行い、「地域社会貢献型の企業」を目指す当社は、"地球環境の保全並びに地域との共存"を企業活動の基本として活動します。
  2. 環境関連の法規制、条例、その他の要求事項を遵守し、必要に応じ自主基準を設け事業活動の見直し改善を行い、汚染の予防に努めます。
  3. 事業活動の諸条件を反映した環境目的及び目標を設定し、運用と必要な見直しを行います。
  4. 技術的、経済的事情を考慮の上、事業活動が環境に与える影響を低減するため、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    • エネルギーの効率的利用を図ります。
    • 原材料の歩留まり向上を目指し、資源の有効活用を図ります。
  5. 環境パフォーマンス向上のため、定期的に内部監査及びマネジメントレビューを行い、環境管理システムを継続的に改善します。
  6. この方針は文書化し、全従業員に周知徹底し、社外からの求めに応じ公開します。

会社概要

商号
株式会社 南信精機製作所
設立
1960年(昭和35)4月
事業内容
1. 車載用電子部品の設計製造販売
2. マイクロモーター用各種整流子の設計製造販売
3. 精密プレス金型及び製品の設計製造販売
4. 精密プラスチック金型及び製品の設計製造販売
5. 複合精密電子部品" プレスチックス" の設計製造販売
6. 各種専用機の設計製造販売
7. 太陽光等自然エネルギーによる発電及び電力の販売
資本金
48,000,000円
代表者
代表取締役社長 片桐 良晃
所在地

本社
〒399-3705 長野県上伊那郡飯島町七久保815番地
TEL. 0265-86-3215  FAX.0265-86-3216

グループ会社

株式会社 ナンシン工業 (日本)
TEL. 0265-86-5000  FAX.0265-86-5001

南信精機(香港)有限公司 (香港)
TEL. (852)2332-5203 FAX. (852)2332-5933

翔南精機(東莞)有限公司 (中国)
TEL. (86)769-2225-2582 FAX. (86)769-2225-2583

南信精機ベトナム株式会社 (ベトナム)
TEL. (84)274-222-1580 FAX. (84)274-222-1581

主要取引先
五十音順(敬称略)
株式会社アツミテック/市光工業株式会社/株式会社ヴァレオジャパン/株式会社オーハシテクニカ/
柿沼金属精機株式会社/キヤノン電子株式会社/株式会社ケーヒン/KOA株式会社/サン電子工業株式会社/
三和実業株式会社/ジェコー株式会社/シナノケンシ株式会社/スタンレー電気株式会社/住友電装株式会社/
多摩川精機株式会社/株式会社デンソー/株式会社東芝/東芝ライテック株式会社/ニチコン株式会社/
日鉄ケミカル&マテリアル株式会社/日本ケミコン株式会社/日本航空電子工業株式会社/日本精工株式会社/
日本電産株式会社/日本電産エレシス株式会社/日本電産モビリティ株式会社/パナソニック株式会社/
日立オートモティブシステムズ株式会社/ホシデン株式会社/マブチモーター株式会社/
三菱電機株式会社/ミネベアミツミ株式会社/ヤマハモーターエレクトロニクス株式会社/ローム株式会社/他
主要仕入先
五十音順(敬称略)
エバーロイ商事株式会社/川島金属株式会社/株式会社国興/株式会社コードー/
光洋マテリカ株式会社/サイデック株式会社/田中貴金属工業株式会社/
東洋サクセス株式会社/長瀬産業株式会社/ファインネクス株式会社/山宗株式会社/他
主要取引銀行
  • 八十二銀行飯島支店
  • 三菱UFJ銀行新宿中央支店
  • 三井住友銀行諏訪支店
  • みずほ銀行松本支店
  • アルプス中央信用金庫飯島支店
  • 長野県信用組合駒ヶ根支店

沿革

1960年(昭和35)
有限会社南信精機製作所設立 精密自動旋盤によりオルゴール部品の製造開始
1967年(昭和42)
マイクロモーター用整流子の製造開始
1973年(昭和48)
生産能力増強のため新工場建設
1975年(昭和50)
精密プレス金型の設計製造販売を開始
1978年(昭和53)
組立式整流子の開発に成功
1983年(昭和58)
株式会社南信精機製作所に商号変更
1985年(昭和60)
複合精密電子部品"プレスチックス"の開発に成功
1986年(昭和61)
株式会社ナンシン工業工場新築
1993年(平成5)
南信精機(香港)有限公司を設立営業開始
1994年(平成6)
東莞城区南信精機廠を操業開始 モールド整流子工場増築
1995年(平成7)
管理棟新築
1998年(平成10)
ISO9002認証取得〜品質(南信精機グループ国内・海外同時取得)
2000年(平成12)
ISO14001認証取得〜環境(南信精機グループ国内海外同時取得)
2002年(平成14)
ISO9001:2000認証取得
2005年(平成17)
ISO14001:2004認証取得
2006年(平成18)
有限会社エムアイ精密と合併
2009年(平成21)
翔南精機(東莞)有限公司を設立
ISO9001:2008とISO14001:2004 認証取得
2012年(平成24)
CO2 削減に向けソーラー発電(350kw)設備及び工場内へLED 照明(560 本)導入
2013年(平成25)
翔南精機(東莞)有限公司、TS16949認証取得
2014年(平成26)
南信精機ベトナム株式会社を操業開始
2015年(平成27)
南信精機ベトナム株式会社、ISO9001:2015認証取得
2018年(平成30)
生産能力増強のため、第4工場新築 ISO9001:2015と14001:2015認証取得
翔南精機(東莞)有限公司、IATF16949認証取得
翔南精機(東莞)有限公司、ISO9001:2015とISO14001:2015認証取得

会社・工場MAP

南信精機製作所
南信精機製作所
南信精機製作所

グループ会社所在地

翔南精機(東莞)有限公司

翔南精機(東莞)有限公司

(86)769-2225-2582

(86)769-2225-2583

中国市場と世界に応える戦略拠点工場

1994年中国・広東省にて操業開始。 世界NO.2に成長した中国市場と世界各地へ参入し、事業拡大を目指します。 2018年IATF16949認証取得。

南信精機(香港)有限公司

(852)2332-5203

(852)2332-5933

海外2工場の統括拠点

1993年香港に設立。中国とベトナムにある2つの工場の統括機能や海外顧客の窓口としてワールドワイドな活動を続けています。

南信精機ベトナム株式会社

(84)274-222-1580

(84)274-222-1581

東南アジア向け市場に応える生産拠点

ASEANの結束のもと経済発展を続ける東南アジア市場の輸出の生産拠点としてベトナム・ビンズオン省へ2014年に工場操業開始。2015年ISO9001認証取得

TOP